神奈川大学硬式野球部

部長の言葉/野球部紹介

神奈川大学硬式野球部

ホーム > 部長の言葉/野球部紹介

野球部紹介

部長の言葉

神奈川大学硬式野球部部長

神奈川大学硬式野球部は、1929年に発足して以来、長い歴史と伝統を有する部です。近年では、2003年秋の第34回明治神宮野球大会で準優勝、2010年秋の同大会でベスト4、さらには2014年の第63回全日本大学野球選手権大会では準優勝の成績をおさめております。

神奈川大学硬式野球部では、神奈川大学体育会に所属する全ての部に共通することではありますが、スポーツと勉学を両立するよう指導を徹底しております。その意味で文武両道を全学的な運動部の方針としているわけです。しかし、硬式野球部ではさらに、田上前部長の意向をうけ、「文武一道」をモットーに掲げ、スポーツと学業とが切り離しがたく互いによい刺激を与え合い、相乗効果をもたらすことによって、スポーツにおいても学業においても、学生がさらに成長していくことを教育方針としております。学業と野球を一体化させ、学生の成長を支援し、社会人として有為な人材を輩出することが部活動の役割だと考えております。

神奈川大学硬式野球部としては、もちろん、悲願の日本一に向けて、日々努力を怠らず、野球の技能を高められるよう、部員に対する最大限のサポートをして参ります。さらに、野球だけでなく、人間としても立派に成長してもらえるよう支援をして参りますので、今後とも関係諸氏の応援を頂きますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

神大野球部部長 坪井
神奈川大学硬式野球部 部長
坪井 雅史

TWITTER

  • リーグ戦績
  • インタビュー
  • マネージャーブログ
  • 神奈川大学
  • 日本学生野球協会
  • 全日本大学野球連盟
  • 神奈川大学野球連盟